かわいくてごめん!可愛くなって恋愛有利に。

Uncategorized

こんにちは!カイです。

今回は僕が大切にしている

『可愛くなる方法』について

お話ししていきます。

「女じゃないから関係ない」

「男なのに可愛くなる必要あるの?」

と思っている人が多いと思います。

僕の周りにもそう考えてる人は多いです。

僕も可愛いが恋愛において

有利になるとは思っていませんでした。

でも、今までの経験上

可愛いと得することが多かったんです。

これができると

失敗しても許してもらいやすくなり

ギャップも見せやすくなります。

付き合うハードルも下がり、

付き合った後も沼らすことができます。

かっこいいより可愛いの方が

簡単ですぐに実行できます。

頼み事も受け入れてもらいやすくもなります。

逆に、これができないと

一度の失敗で幻滅されてしまい

付き合えることはないでしょう。

もし付き合えても

すぐに飽きられることになります。

そんな可愛くなる方法

について詳しく説明していきます。

何度も見返して必ず

マスターしてくださいね。

可愛くなり始めてきっかけ

まず、僕の経験をお話ししていきます。

僕は姉一人の末っ子に産まれました。

親戚の中でも1番年下なので

「可愛いね」言われながら

育ってきました。

言われていると、

だんだん可愛いと言われるパターンが

わかってきたのです。

母親、姉、親戚のおばちゃん(数人)

近所のおばちゃんなど

いろんな関係の人からデータを集めれました。

もちろん身内以外でも

同級生、アプリで通話した人にも

「可愛い」連発されていました。

アプリではお姉さん系に

そのままエロイプされることも、、、

このように可愛いと

得することが多いのです。

その集めたデータと、今使っている

応用の使い方を説明していきます。

エピソード

一緒に寝る時

小学校低学年の時にピアノの教室に姉と

通っていました。

話をしてると姉が先生に

「カイが寝てるとこ可愛いけん」

って突然言い出したんですよ。

僕も『可愛いと思われたい!』と思い

全力で体を丸めて出来るだけ小さくなってました。

計画通りに「可愛い」を頂きました。

これの応用を今も使っていて、

彼女と寝る時はずっとくっついています。

ひっつきむしぐらいです。

コツは相手の顔より下にポジションを取り

上目遣いを使うことです。

照れたふり

中学生の時ですが、

「可愛い」という時に

わざと声を小さくして言うと

照れてる感が出て相手は喜んでくれました。

ポイントはすごーくたまに

照れたふりをすることです。

いっつも照れてると

「ハキハキしろ」とキレられます。(経験済み)

普段照れないのに照れてるという

ギャップが可愛いと思わせることができます。

今の彼女にも効果抜群です。

無邪気な笑顔

先ほど褒める時に

照れるふりをすると言いましたが、

たまにしか使えません。

逆に無邪気な笑顔は

連発しても問題ありません。

相手のこと可愛いと思った時に

笑顔で「可愛い」

と言えば相手も嬉しいし

可愛いとも思ってもらえます。

相手の変化に気づいた時も笑顔で

『可愛いくなって嬉しい』って思いで、

笑顔を見せれば相手にも

伝わります。

でも、たまーに

『笑わられている』『変化な?』

と不安になる人がいるので、

ちゃんと言葉でも伝えましょう。

今の彼女にもよく使ってます。

僕が笑顔でいると彼女の笑顔になるので、

円満の秘訣にもなってます。

注意点

いろんなテクを書いてきましたが、

注意点がいくつかあります。

使えるのは20代が限界

「一緒に寝る時」「照れたふり」

この2つは年を重ねると使えなくなります。

寝るときにおじさんが

ひっつくと引かれます。

女性の言動、仕草に照れていると

『まだ童貞かよ』と思われてしまいます。

30代を超えると、

大人の堂々とした魅力をアピールするのが

オススメです。

男が見るとドン引き

今回教えたテクニックは、

女性向けです。

男性に甘えているところを見られると

終わりです。

変な目で見られて

キモがられるのがオチです。

好きな人と二人っきりの時に

使ってください。

まとめ

いかがでしたか?

可愛いを極めれば意図的に

「可愛い」を言わせることができます。

今回のテクを実行すれば、

彼女との関係も良好になり、

女性ウケもいい、一石二鳥です。

最後に、可愛いがわからない時の

考え方としまして、

犬や猫、子供(幼児)が

やっているような

自分が可愛いと思う行動を

やることです。

これであなたも

あざとマスターです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました